エクセル・ワードの使い方なら

TOP > aotenブログ > 木村幸子の知って得するマイクロソフトオフィスの話

« ワードアート文字が印刷すると途中で切れてしまう | トップページ | 入力規則を設定したセルに、選択肢以外のデータを入力したい »

2008年4月27日 (日)

レポート用紙のように横罫を引きたい(2)

前回の続きです。

3

行グリッド線が画面に表示されたら、「表示」メニューから「ヘッダーとフッター」を選択してヘッダーとフッターの表示に切り替えます。

4

ヘッダーとフッターが表示されました。ここで、表示されたグリッド線に合わせて直線を引きましょう。「図形描画」ツールバーの「直線」ボタンをクリックしてから、グリッド線の上でドラッグします。「Shift」キーを押しながらドラッグすると上下にぐらつくことなく水平に線が引けます。

5

1本線が引けたら、残りの線はそれをコピーすると簡単です。直線をクリックしたら、「Shift」キー+「Ctrl」キーを押しながら一つ下の線までドラッグします。Wordの初期設定では、図形はグリッド線に合わせて動くようにあらかじめ設定されているので、下のグリッド線へとジャンプするように動きますね。マウスボタンから手を離したところで線がコピーされます。

6

これを繰り返して、すべてのグリッド線上に直線を引けたら、「ヘッダーとフッター」ツールバーの「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンをクリックします。通常の編集画面に戻ったら完成です。
この文書に文字を入力して印刷すれば、罫線が文字と一緒に印刷されます。なお、罫線はヘッダー/フッター領域に挿入されているので、改ページを挿入すると次のページにも自動的に同じ罫線が表示されます。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。




オデッセイが実施・
運営する資格試験

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)
  • IC3(アイシースリー)
  • VBAエキスパート
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)
  • コンタクトセンター検定試験
  • Rails技術者認定試験
  • リユース検定
  • 統計検定