エクセル・ワードの使い方なら

TOP > aotenブログ > 木村幸子の知って得するマイクロソフトオフィスの話

« SmartArtの種類を変更したら、箇条書きの一部が消えてしまった | トップページ | 複数の行の間に空行を一気に挿入したい »

2008年11月28日 (金)

上書き保存する直前に編集していた箇所にジャンプしたい

Wordの文書を何回かに分けて編集することはよくあります。こんなとき、例えば、午後一番で、編集中のファイルを開いて午前中の作業の続きをしようと思ったら、昼休み前に上書き保存した箇所に自動でカーソルがジャンプするとすぐに続きの編集作業に入れます。
これを実現してくれるショートカットキーを今日はご紹介します。

 

1_2

まず、編集作業を再開するファイルを開きます。ファイルを開いたら、「Shift」キーを押しながら「F5」キーを押してみましょう。

2_2

すると、前回、そのファイルを上書き保存したときにカーソルがあった位置に、カーソルがジャンプします。編集途中の箇所に移動するので、速やかに続きの作業に入れますね。

 

ただし、ファイルを開いた直後でないと、このショートカットキーは効きません。ファイルを開いて、何らかの操作をしてしまうと無効になってしまうので注意しましょう。それから、このショートカットキーはWord2007では動作しません。バージョン2003以前のWordでご利用ください。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。




オデッセイが実施・
運営する資格試験

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)
  • IC3(アイシースリー)
  • VBAエキスパート
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)
  • コンタクトセンター検定試験
  • Rails技術者認定試験
  • リユース検定
  • 統計検定