エクセル・ワードの使い方なら

TOP > ブログインデックス > 木村幸子の知って得するマイクロソフトオフィスの話

« 400字詰め以外の行数×列数で原稿用紙を作成したい | トップページ | テキストボックスの文章を別のテキストボックスへ続けて表示したい »

2009年11月17日 (火)

自由な行数×列数で作成した原稿用紙のマス目を印刷したい

前回、行数や列数を自由に指定して原稿用紙を作る方法を紹介しました。ところが、この方法で作成した原稿用紙のマス目は「グリッド線」と呼ばれるもので印刷できません。

0_2

文字と一緒にマス目も印刷したい場合は、今日ご紹介する方法で操作しましょう。
※ この記事の操作をする前に、前回の記事の操作を済ませておいてください。

1_2
「ファイル」メニュー→「ページ設定」を選んで(Word2007の場合は、「ページレイアウト」タブを選び、「ページ設定」グループのダイアログボックス起動ツールをクリック)「文字数と行数」タブにある「グリッド線」ボタンを押します。
「グリッド線」画面の「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」にチェックを入れておきましょう。

2_2
次に、「表示」メニュー→「ヘッダーとフッター」を選び、ヘッダーとフッターの表示モードにします。(Word2007では、「挿入」タブを選び、「ヘッダーとフッター」グループの「ヘッダー」ボタン→「ヘッダーの編集」を選びます)。
「図形描画」ツールバーの「直線」ボタンをクリックし(Word2007では、「挿入」タブを選び、「図」グループの「図形」ボタン→「直線」をクリック)、一番上の横線に沿ってドラッグしましょう。このとき、「Shift」キーを押しながらドラッグすると、まっすぐに線をひけます。

3
1本線を引いたら、その線をコピーして残りの線を描きます。描いた横線をクリックして下にドラッグします。このとき、「Shift」キーと「Ctrl」キーを両方押しながらドラッグすると、垂直方向にまっすぐコピーできます。この操作を繰り返し、横線をすべて引きます。

4
1本ずつコピーするのが面倒な場合は、次の手順で4、5本の線を一気にコピーできます。
「図形描画」ツールバーの「オブジェクトの選択」ボタンをクリックしてオンにします。次に、複数の横線をすっぽり囲むようにドラッグすると、複数の線が選択されます。この状態で、「Shift」キーと「Ctrl」キーを押しながらドラッグすると、線を効率よくコピーできます。

5
縦の線も同じ方法で描画したら、「ヘッダーとフッター」ツールバー(Word2007では、「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブ)の「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンをクリックします
これでマス目が印刷されるようになりました。

また、印刷される線はそのまま画面にも表示されるため、今後はグリッド線は不要です。「表示」メニュー→「グリッド線」を選び、グリッド線を非表示にしておくとよいでしょう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213401/46726802

この記事へのトラックバック一覧です: 自由な行数×列数で作成した原稿用紙のマス目を印刷したい:

コメント

仕事上での業務で困っておりましたので、大変助かりました。素晴らしい情報をありがとうございました!

>ももも さま
いえいえ、お仕事でのお役に立ててなによりです。丁寧にコメントをくださいまして有難うございました。

とても助かりました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)