« SUBTOTAL関数→意外に使える関数!! | トップページ | ISERROR 関数→意外に使える関数(3) »

CHOOSE 関数→意外に使える関数(2)

請求書など書類への入力を半自動化する…など、Excelで表を作成する際、

VLOOKUP関数 をよく使うという方は結構多いと思います。

pencil チェック pencil VLOOKUP関数
指定した範囲から、データを検索し取り出してくれる関数、
別の言い方をすれば、表を検索して、結果をまた別の表に表示する関数です。
MCASを受験するというあなた!! 覚えておいたほうがいいですよgood

VLOOKUP関数は応用範囲が広く、とても便利な関数です。
でもリストのデータ数が少ないときでも、必ずVLOOKUP関数を使っていませんか?

 ・ データ数が少ない
 ・ 参照先となる表がない
 ・ キーとなるID番号がない

↑ こんなときには ↑
shineCHOOSE 関数shine」という関数を使うのも便利です happy02 

セルA1に番号を入力すれば、セルB1に対応した担当者名が表示される…ということも簡単にできます。

セルB1にこんな数式を設定するだけ♪

=CHOOSE(A1,"担当者名1","担当者名2","担当者名3",…)

すると…
 セルA1に「1」と入力 ⇒ セルB1に「担当者名1」 表示
               「2」と入力 ⇒       「担当者名2」 表示 されるというわけ。


他のセルに数式をコピーしたり、他の関数と組み合わせたり…
VLOOKUP同様、覚えておくと結構使えますよ♪ ぜひ、お試しあれ♪

※ただし値は1~29までしか設定できませんのでご注意を。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

CHOOSE(インデックス,値1,値 2,...)

引数として指定したデータの中から、特定の値を取り出して表示します。

インデックス取り出すデータの番号またはセルを指定。
値として表示するデータまたはセルを指定。(※最大29個まで)

Name_6

|

« SUBTOTAL関数→意外に使える関数!! | トップページ | ISERROR 関数→意外に使える関数(3) »

エクセル関数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213401/44092165

この記事へのトラックバック一覧です: CHOOSE 関数→意外に使える関数(2):

« SUBTOTAL関数→意外に使える関数!! | トップページ | ISERROR 関数→意外に使える関数(3) »