« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

CHOOSE 関数→意外に使える関数(2)

請求書など書類への入力を半自動化する…など、Excelで表を作成する際、

VLOOKUP関数 をよく使うという方は結構多いと思います。

pencil チェック pencil VLOOKUP関数
指定した範囲から、データを検索し取り出してくれる関数、
別の言い方をすれば、表を検索して、結果をまた別の表に表示する関数です。
MCASを受験するというあなた!! 覚えておいたほうがいいですよgood

VLOOKUP関数は応用範囲が広く、とても便利な関数です。
でもリストのデータ数が少ないときでも、必ずVLOOKUP関数を使っていませんか?

 ・ データ数が少ない
 ・ 参照先となる表がない
 ・ キーとなるID番号がない

↑ こんなときには ↑
shineCHOOSE 関数shine」という関数を使うのも便利です happy02 

セルA1に番号を入力すれば、セルB1に対応した担当者名が表示される…ということも簡単にできます。

セルB1にこんな数式を設定するだけ♪

=CHOOSE(A1,"担当者名1","担当者名2","担当者名3",…)

すると…
 セルA1に「1」と入力 ⇒ セルB1に「担当者名1」 表示
               「2」と入力 ⇒       「担当者名2」 表示 されるというわけ。


他のセルに数式をコピーしたり、他の関数と組み合わせたり…
VLOOKUP同様、覚えておくと結構使えますよ♪ ぜひ、お試しあれ♪

※ただし値は1~29までしか設定できませんのでご注意を。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

CHOOSE(インデックス,値1,値 2,...)

引数として指定したデータの中から、特定の値を取り出して表示します。

インデックス取り出すデータの番号またはセルを指定。
値として表示するデータまたはセルを指定。(※最大29個まで)

Name_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBTOTAL関数→意外に使える関数!!

…Excelを使っていると、SUM関数 はよく使いますよね。
Σ←こういうボタンですよ 使いませんか???happy01 (オートSUMボタンといいます)

でも、集計を分析したいときには、shineSUBTOTAL関数 shine
…という関数がかなり「使える」んですよ~happy02 

特にフィルタを使用した時の集計に役立ちます♪

SUM関数だと、フィルタ機能で抽出されていない行(画面非表示)も演算対象になってしまうのに対し…crying

SUBTOTAL関数は、フィルタ機能で抽出された行(画面表示)だけを演算対象とすることができるんです catface

お恥ずかしい話ですがcoldsweats01
この関数、何に使うんだろう???と思っていましたsweat01

…でも、これは結構使える関数ですよ!! 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

SUBTOTAL(集計方法,範囲 1,範囲 2,...)

集計方法を指定し、指定された関数を使用してリストやデータベースの集計値を求めることができます。

集計方法集計方法を以下の通りに指定します。直接数値を指定するか、数値が入力されているセルを指定します。

Subtotal_5
範囲集計する範囲を指定します。カンマ区切りで複数の範囲も指定できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »