« ISERROR 関数→意外に使える関数(3) | トップページ | 関数のネスト…使用法&カンタン選択技♪ »

SUM関数の活用法:INDEX関数と組み合わせ♪

私のはじめにおぼえた関数が合計= SUM 関数happy01
かなり使う機会の多い関数ですよね~club

実は、他の関数と合わせて使うと、さらにいろいろな活用ができるんです。

データ検索に使えるshineINDEX 関数shineと組み合わせると
合計したいセル範囲を自由に切り替えることができますpig

mobaq では…どうやって使えばいいのでしょうか???

例えば、下図で、セルH2に入力したIDによって
合計点を切り替える方法は?

1_4

one まず合計点を求めたいセルH3にSUM 関数を挿入します。
two SUM 関数の数値1に、INDEX関数を入力します。

2_4 

今回の場合は…INDEX(C2:E4,H2,0)
「C2:E4」が配列、今回の検索の対象となる範囲です。行番号にはIDを入力するセルH2を指定。

セル「H2」の値から、行を判断し、その行に含まれる値すべてを返します。 

three INDEX関数の「行番号」に指定したセルH2に、
  IDを入力します。

3_2

four IDに対応した、合計得点が表示されます。
 H2の値を2に変更すると2行目(C3~E3)
 3に変更すると3行目(C4~E4)の合計値が表示されます。

4_5 

これは…「moug(モーグ)」の『Excel関数ビギナーズ』で勉強した技ですgood
リストで選んだ日数によって合計範囲を変更する例に挑戦できます!!
詳しい解説はモーグをご覧ください♪
⇒ モーグはコチラ


★★★★★ INDEX関数の書式と使い方 ★★★★★★★

INDEX(配列,行番号,列番号)

指定された行と列が交差する位置にある値またはセルの参照を返します。

配列交差する位置を求めるための表を範囲選択
行番号表の上から数えた値。0の場合は、行すべてを参照します。
列番号表の左から数えた値。0の場合は、列すべてを参照します。


5_2


 

|

« ISERROR 関数→意外に使える関数(3) | トップページ | 関数のネスト…使用法&カンタン選択技♪ »

エクセル関数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213401/44375186

この記事へのトラックバック一覧です: SUM関数の活用法:INDEX関数と組み合わせ♪:

« ISERROR 関数→意外に使える関数(3) | トップページ | 関数のネスト…使用法&カンタン選択技♪ »