« 関数のネスト…長ーい数式でも簡単に関数が選択できる方法 | トップページ | 特定のデータが存在するか調べる方法は…? »

生年月日から年齢を計算する方法は…?

関数の中に関数を入れ子にすると(ネストといいます)
とっても便利♪ 今回もまた関数のネスト技を紹介します

例えば、生年月日から現在の年齢を求めるとき
  どんなふうにしていますか?

Excelで作成した顧客名簿があったとして、もし誕生日がくるたびに、
年齢の欄をいちいち直さなくてはならないとしたら…
かなり面倒ですよね。

そんなときは、指定した開始日から終了日までの期間を求めることができる
「DATEDIF関数」という関数を使うと便利です。

さらに、本日の日付を求める「TODAY関数」を組み合わせると…
誕生日がきたら自動的に年齢が更新されるようにすることも
カンタンにできます

入力されている生年月日から、現在の日付までの年数を計算します。
  年齢を表示したいセルを選択します。

1_3   
↑クリックして拡大表示

DATEDIF関数を入力します。
 
2_3
↑クリックして拡大表示


  書式は… DATEDIF(開始日,終了日,単位) です。

  
「開始日」から「終了日」までの期間を求め、指定した「単位」で
  表示することができます。

  DATEDIF関数は、[関数の挿入][関数の貼り付け]ダイアログに
    表示されません。直接 手入力してください。

開始日に、生年月日の入力されているセルを指定します。

3
↑クリックして拡大表示

終了日には、本日の日付をTODAY関数で求め、指定します。

4
↑クリックして拡大表示

単位に満年齢を表示する「"Y"」を指定します。

5
↑クリックして拡大表示

※経過月数が知りたい場合は、「"M"」 経過日数は「"D"」を指定します。

現時点での満年齢が表示できます。

6
↑クリックして拡大表示


DATEDIF関数を使えば「勤続年数」もカンタンに計算できます。
覚えておくと便利ですよ。

生年月日から現在の年齢を求める方法は
  動画でも紹介中 実際の操作を動画で確認できるので、ぜひご覧ください♪

◆動画で確認できる「スナックテクニック」はコチラ

|

« 関数のネスト…長ーい数式でも簡単に関数が選択できる方法 | トップページ | 特定のデータが存在するか調べる方法は…? »

エクセル関数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生年月日から年齢を計算する方法は…?:

« 関数のネスト…長ーい数式でも簡単に関数が選択できる方法 | トップページ | 特定のデータが存在するか調べる方法は…? »