« aoten(アオテン) メールニュース 2012年3月vol.1 | トップページ | VBAを学ぼう Webマンガ「VBA習得の近道って?」モーグで公開中 »

エクセル関数:INDEX関数とMATCH関数を組み合わせて活用しよう

スキルチェック登録者3万人突破記念《第3弾》として、3/28(水)17時まで、
エクセル関数の学習用テキスト(PDF)を無料提供しています。
flair詳細はこちら[お役立ちPDFダウンロード]

この学習用テキスト(PDF)にも掲載されている
『INDEX関数』と『MATCH関数』について、ご紹介します。

『INDEX関数』は、行と列の交わる位置のデータを検索する時に使用します。
書式: INDEX(配列,行番号,列番号)

『MATCH関数』は、指定した範囲から値を検索し、その値が範囲の中で何番目にあるかを調べる時に使用します。
書式: MATCH(検索値,検索範囲,照合の型)

INDEX関数の[行番号]・[列番号]にMATCH関数を代入すると、
変動する条件に応じた結果を返すことができます。
INDEX関数とMATCH関数は組み合わせて使うと便利です。

料金表のサンプルを作成してみました。
どのハンバーガーを選択したか、どのセットを選択したかに応じて、
商品の価格が変動します。

▼料金表サンプル(クリックすると拡大します)
2_4

MATCH関数を使って[検索値]が何行目にあるか調べます。
=MATCH([検索値],A1:A4,0)

同様に[検索値]が何列目にあるか調べます。
=MATCH([検索値],A1:D1,0)

INDEX関数を使って、行と列の交わるデータがどこか調べます。
=INDEX(A1:D4,MATCH([検索値],A1:A4,0),MATCH([検索値],A1:D1,0))

▼計算結果例(クリックすると拡大します)
1_2 

様々な関数を覚えるには、頭で理解するより実践が一番です。
実践練習には、モーグ「仕事に役立つExcel関数」がおすすめです。


Search_panel◆モーグで関数を学ぼう!!

モーグでは実習に使えるExcelデータも用意されています。
ダウンロードして操作を学んでみましょう。

(↓以下の文字をクリックしてください)
■仕事に役立つExcel関数■
INDEX関数とMATCH関数を活用

|

« aoten(アオテン) メールニュース 2012年3月vol.1 | トップページ | VBAを学ぼう Webマンガ「VBA習得の近道って?」モーグで公開中 »

エクセル便利ワザ」カテゴリの記事

エクセル関数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« aoten(アオテン) メールニュース 2012年3月vol.1 | トップページ | VBAを学ぼう Webマンガ「VBA習得の近道って?」モーグで公開中 »